チームメイツのチカラで

​病気のあるこどもに青春を

 

数ヶ月、数年、一生と長期的に治療・療養を必要なこどもが全国に約25万人います。

代表の北野華子も15年間、長期療養生活を送った経験から、

こどもたちの「青春」を病気で諦めさせたくないと考え

Being ALIVE Japanの活動が始まりました。

Being ALIVE Japanはスポーツを通じて、

長期療養中のこどもたちの仲間 (TEAMMATES) を創出することで、青春と自立を支援する非営利団体です。

​TEAMMATES活動を通して、こどもたちが多様な可能性をもって成長し、活躍できる未来に貢献していきます。

 

​OUR STAFF

北野 華子

Hanako KItano

理事長

チャイルドライフスペシャリスト

慶應義塾大学環境情報学部卒業、京都大学大学院医学研究科社会健康医学専攻を修了。米国留学の経験

​もあり、アトランタパラリンピックレガシー団体BlazeSport Americaやシンシナティ小児医療センターで実践を経て、日本帰国。帰国後、埼玉県立小児医療センターでチャイルド・ライフ・スペシャリストとして勤務。2017年6月に病院を退職し、専属職員として勤務。

 

橋本 興人

 

OKITO HASHIMOTO

 

副理事長

​小児科専門医

 

神戸大学医学部卒業。六甲アイランド甲南病院、兵庫県立こども病院に勤務。その後、アッヴィ合同会社で勤務を経た後、現在医療法人社団ナイズにて小児科医として勤務。

 

 

​長谷川 翔

 

 

SHO HASEGAWA

 

 

プロジェクトマネージャー

​元プロビーチバレー選手

 

 

 

国士舘大学体育学科卒業。世界大会に2度日本代表として出場。2013年にはビーチバレー競技で国民体育大会優勝。プロ選手として活躍時に入院治療中のこども向けのスポーツ活動に携わり、​引退後2017年8月より専属職員として勤務。

 

2015 - 2018 年度 活動実績

 

2015年の活動当初から昨年2018年度までの活動実績です。​​

 

 

こどもの数

 

 

 

 

628

 

 

 

 

 

 

実施地域数

 

 

 

7

 

 

地域

 

 

団体・チーム

 

8

 

 

 

チーム

​団体

 

 

病院・学校数

 

8

 

 

 

箇所

 

 

 

団体概要

 

 

■ 団体名: 特定非営利活動法人Being ALIVE Japan

 

 

■ 住所 : 〒​158-0082 東京都世田谷区深沢2-12-1-213 (本部)

 

 

〒​154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1 Tote駒沢公園301 (駒沢オフィス)

 

■ 設立日: 2009年4月1日 任意団体病院プロジェクトALIVEとして設立

 

 

 

 

2015年4月1日 任意団体Being ALIVE Japanに名前変更

 

 

 

 

2016年2月23日 特定非営利活動法人Being ALIVE Japan 法人化

 

■ 役員 : 理事長   北野 華子

 

 

副理事長  橋本 興人  (医療法人社団ナイズ 小児科医)

理事    本田 真美  (医療法人みくりキッズ 院長)

理事    小森 雄太  (薬樹HD株式会社 代表取締役社長)

理事    大久保 柳華 (横浜市大附属病院小児科おやこの会「さんふらわ」)

監事    加藤 幸子  (薬樹HD株式会社 取締役)

 

 

 

 

 

 

■ 報告書 : 

 

 

 

Facebookをフォローする

 

Being ALIVE Japan事務局

 

 

Instagramをみる

 

 

〒154-0013

東京都世田谷区駒沢l公園1-1

Tote 駒沢公園 301

TEL : 070-1349-0223

Email : info@beingalivejapan.org